Home

Bar Blen blen blen

ようこそ!Bar Blen blen blenへ!

  • 2019-03-29 (金)

春の新規スタッフ募集中!詳しくはコチラ

Blenは開店から24:30まで禁煙になります。詳しくはコチラ

店主のブラジル旅行紀 :
カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (1)
カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (2) BH飲みまくり編
カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (3) クルビ・ダ・エスキーナの夜編

2013 vol.1 リオデジャネイロ前編
2013 vol.2 リオデジャネイロ ファヴェーラ宿編
2013 vol.3リオデジャネイロ イパネマ・ガヴェア編
2013 vol.4リオ番外編~失望とバス・ターミナルの奇跡~
2013 vol.5 ミナス・ジェライス前編
2013 vol.6ミナス・ジェライス中編
2013 vol.7ミナスジェライス後編

不定期土曜開催! Blenのパゴーヂ 
12669456_10153369724822514_7441215607396384542_n.jpg
月に一度のサンバ・パーティー!
 19:30開店〜終電まで3回演奏がありますCharge:¥1.000 +ドリンク・オーダー
 ✳︎マテハイ、レモンハイは¥500均一!
 演奏:渡辺健悟、T-Sanada、Mestre Sue & Friends


blen%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9.png

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

<お知らせ> 24:30まで禁煙になります

  • 2019-03-28 (木)
  • news

2019年4月1日よりBar Blen blen blenは開店時刻19:00から24:30まで全席禁煙とさせていただきます。
(但し電子タバコは喫煙可とします)

都の条例に1年先駆けて禁煙に取り組むこととなります。

「昨今の嫌煙ムードの中、吸える店の存在はありがたい」、「Blenが禁煙になるならもう来ないよ(笑い)」等、喫煙者のお客さまからは様々な意見を頂戴しておりました。

タバコに関して私自身の意見を言わせて頂くと、過去10年間は喫煙者(相当ヘビーな)だった時期もあり、正直それほどネガティブなイメージは持っておりません。
タバコが幾多の映画の名シーンを彩って来たことや、普段私が店で提供させて頂いてる酒類同様に「大人の嗜好品」として認められるべき歴史と文化があるとも考えています。
また、この瞬く間に世界に拡がった嫌煙ムードは、ビールやスピリッツ等酒類も将来的には鶴の一声で大幅に販売規制をかけられてしまう可能性がある事を示唆しており、酒類提供店の経営者としては危惧し、非喫煙者だからといって安易にこの嫌煙ムードを容認してはならないとも考えております。

当店においては、喫煙者と非喫煙者の空間共有は嗜む側のマナー(隣の方に一言「吸ってもいいですか」と尋ねるなど)何如でなんとか誤魔化しながら実現できるかなとも思っておりました。

しかしながらBlenは店内の狭さ故に混雑時は店内に煙がかなり充満してしまい、非喫煙者にとっては相当厳しい環境になっていたと思います。店主としては平等に両者に寄添わなければならないのですが、その環境下では弱者となる非喫煙者の側に立たねばならぬと思い至った次第です。また従業員の健康被害、食事メニューが好評であること、外国のお客さんが増えていること等、諸々鑑みた結果でもあります。

来年の4月1日からはBlenに限らず都内の殆どの飲食店が禁煙になります(分煙席を設けている店でも電子タバコのみと聞いております、今のところ)。

喫煙者のお客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
重ねて不躾ながら変わらぬご愛顧を切にお願いいたします。

店主

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

春だ!新スタッフ募集のお知らせ

  • 2019-03-27 (水)

Bar Blen blen blenは元気な新戦力を募集いたします!

Blenに入ると・・・とにかく楽しい友達がたくさんできます。外国のお客さんが多いので英語やポルトガル語を話す機会が増えます。

ブラジルが好き!飲食店が好き!お酒が好き!人とお話しするのが大好き!
そんな元気で明るく積極的なあなたを是非お待ちしてます!

仕事◆ドリンク作り、接客、その他バー業務全般
時間◆18:00~24:30の間で3H~、週2、3日くらいで応相談。
資格◆学生歓迎、未経験者OK、30歳くらいまでの方(バー・飲食店経験者、英語やポルトガル語が話せる方、特に歓迎・優遇いたします)
待遇◆時給¥1.000〜(試用期間3ヶ月有り、昇給有り)
応募◆まずは簡単なプロフィールを添えてメールでご連絡ください。追ってご連絡いたします。
質問等もメールでお願い致します。  barblenblenblen@gmail.com 宿口(シュクグチ)まで

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

6〜7月のスケジュール

  • 2018-06-26 (火)

新規スタッフ募集中!詳しくはコチラ

店主のブラジル旅行紀 :
カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (1)
カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (2) BH飲みまくり編
カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (3) クルビ・ダ・エスキーナの夜編

2013 vol.1 リオデジャネイロ前編
2013 vol.2 リオデジャネイロ ファヴェーラ宿編
2013 vol.3リオデジャネイロ イパネマ・ガヴェア編
2013 vol.4リオ番外編~失望とバス・ターミナルの奇跡~
2013 vol.5 ミナス・ジェライス前編
2013 vol.6ミナス・ジェライス中編
2013 vol.7ミナスジェライス後編
6/27(水) ディスクユニオンpresentsブラジル新譜試聴会
注意!今月は6/27(水)の開催です当日のBlenのBGMは、ディスクユニオンの江利川侑介さん&レナちゃんがプレイする入荷仕立てホヤホヤのブラジル音楽。グラス片手に最新ブラジル音楽に酔いしれましょう。気に入ったCDは勿論その場で買うことができますよ。
1395431_1386288938275262_2036257497_n.jpgCygZf_ZWQAAI27T.jpg-large.jpeg

6/30(土) Blenのパゴーヂ 
12669456_10153369724822514_7441215607396384542_n.jpg
月に一度のサンバ・パーティー!
 19:30開店〜終電まで3回演奏がありますCharge:¥1.000 +ドリンク・オーダー
 ✳︎マテハイ、レモンハイは¥500均一!
 演奏:渡辺健悟、T-Sanada、Mestre Sue & Friends


blen%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9.png

4月のスケジュール

  • 2018-04-15 (日)

新規スタッフ募集中!詳しくはコチラ

4/26(木) ディスクユニオンpresentsブラジル新譜試聴会
毎月第4木曜開催!当日のBlenのBGMは、ディスクユニオンの江利川侑介さん&レナちゃんがプレイする入荷仕立てホヤホヤのブラジル音楽。グラス片手に最新ブラジル音楽に酔いしれましょう。気に入ったCDは勿論その場で買うことができますよ。
1395431_1386288938275262_2036257497_n.jpgCygZf_ZWQAAI27T.jpg-large.jpeg

4/28(土) Blenのパゴーヂ 
12669456_10153369724822514_7441215607396384542_n.jpg
月に一度のサンバ・パーティー!
 19:30開店〜終電まで3回演奏がありますCharge:¥1.000 +ドリンク・オーダー
 ✳︎マテハイ、レモンハイは¥500均一!
 演奏:渡辺健悟、T-Sanada、Mestre Sue & Friends


blen%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9.png

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (3) クルビ・ダ・エスキーナの夜編

BH(”ベー・アガー”、ベロ・オリゾンチの愛称)で楽しみにしていたことの一つにサッカー観戦がありました。

BHでは大きく分けて2つの大きなサッカーチームがあります。

一つはクルゼイロ。
(前回BHを訪れた時は偶然クルゼイロのブラジル選手権優勝の瞬間に立ち会えました。)

そしてもう一つが何を隠そう僕がブラジルで応援しているチーム、アトレチコ・ミネイロ。
通称”ガロ”。

今回は運良くホームのインディペンデンシア・スタジアムでサントスとの試合を観ることができました。

まずはチケットを入手するためにサヴァッシにあるLoja do Galo(Rua Antônio de Albuquerque, 481/Loja 09 – Savassi – Belo Horizonte/MG)へ。
IMG_4002.jpg

店内には選手のサインが。

IMG_4001.jpg

チケットは一番安い"Especial Pitangui"という席にしました、60レアル、¥2400くらいですね。

img-estadio.gifentradas.gif


無事にチケットを入手して、試合日を待ちます。

そして当日。

バスでインディペンデンシア・スタジアム(Arena Independência, R. Pitangui, 3230 - Horto, Belo Horizonte - MG)まで向かいました。

IMG_4075.jpg

スタジアム周辺はすでに賑わっています。

普段僕も日本ではセレッソ大阪の試合に頻繁に出向くのですが、やはり試合前のスタジアムのワクワク感はたまりませんね。
気分が高揚してきます。

IMG_4089.jpg

いよいよキックオフの19:30を迎えました!

前半はフレッヂやロビーニョ擁するホームのアトレチコがPKを獲得するも、相手ゴールキーパーに阻まれてスコアレス・ドロー。

ハーフタイム中の売店周辺はカオスです。アルコールは席まで持ち込むことができないので、ギュウギュウになってビールを飲みますよ。

IMG_4090.jpg

セキュリティーは万全なので安心ですw

IMG_4091.jpg

後半がスタートするも、逆にPKを決められ0-1で負けました、、、

IMG_4093.jpg

しかしインディペンデンシアから見える夜景は美しかったなぁ。


試合後、負けたせいか、なんとも不完全燃焼感が拭えなくてこのまま宿に戻る気になれなかったのです。

その時思い出しました。

いつもお世話になっている西荻窪アパレシーダのWillie Whopperさんが紹介してくれたBH在住の日本人の方が今日Liveに出演されるということを。

すぐにその会場をGoogle Mapで検索すると、偶然にもスタジアムから徒歩15分圏内でした。

思いついたらレッツゴー!、てことでテクテクと坂を登って向かいます。

目指すは"Bar do museu Clube da Esquina(バール・ド・ムゼウ クルビ・ダ・エスキーナ)"(Rua Paraisópolis, 738, Santa Tereza
Belo Horizonte, MG)

そう、ミルトン・ナシメントやトニーニョ・オルタ、ロー・ボルジスでおなじみの彼ら”クルビ・ダ・エスキーナ”の面々が、有名になる前からここで演奏していたというミナス音楽ファンの聖地なのです。

IMG_4105.jpg

歩き進めるごとに美しい風景が広がっていきます。
胸がドキドキします。
こんな風景を見ながら彼らはいつも演奏していたのかと。

そして到着しました。

IMG_4106.jpg

店内は既に大賑わい。
その中から日本人の方を探しましたが、すぐに見つかりました。
アジア人は一人だけですから。

僕の前をにこやかにスッと通り過ぎようとしたその人に日本語で声をかけました。
「こんばんは!」

ハッとして振り向いてくれたこちらの方が今井歩さん。

IMG_4109.jpg

日本では「ミナス兄弟」というユニットで活動されており、今はここ、ベロ・オリゾンチに移住されたミュージシャンです。

すぐに打ち解け、乾杯。
こちらでの生活のことや、ミナスジェライスのいろいろ楽しいお話で酒が進みます。
若手のアーティストも紹介してもらいました。
空前のセルタネージョ・ブームの中、ハードコアにクルビの曲を追求し続ける10代も結構いることを知りました。

そして間も無くアユミさんの演奏時間を迎えました。

大きな拍手で迎えられたアユミさん。

続いてトニーニョ・オルタの「Aqui Oh!」のイントロを爪弾き始めると、会場からは大きなどよめきが。

最後はオーディエンスの大合唱と共に感動的に終わりました。

その後アユミさんに店の目と鼻の先にあるクルビ発祥の地へと案内していただきました。

IMG_4125.jpg

IMG_4118.jpg


まさにこのストリート・コーナーでミルトンやローは歌っていたそうな。

感無量すぎて言葉になりませんな。。。

IMG_4121.jpg

アユミさんにセントロまで送っていただき、美しすぎる1日が終わりました。

今思い出しても、何か幻想のような夜でした。


カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (2) BH飲みまくり編

BH(”ベー・アガー”、ベロオリゾンチ)では、とにかく食べ歩き、飲み歩きの滞在ですよ。

まずはBHの歴史に欠かせないバール、Café Palhares (カフェ・パリャーリス)(Rua Tupinambás, 638 - Centro - Belo Horizonte/MG)

IMG_4003.jpg

1938年開店の老舗バール。腹ペコ・ミネイロの胃袋を満たし続けてきました。
かつては24時間営業だったんですって。

ここの名物がこちら。

IMG_4129.jpg

カシャーサの"K"(今はCachacaなので"C"ですね、昔はみんなご飯を食べる前にカシャーサを飲んでいたんですって)、ライス(arroz)の”A"、卵(ovo)の"O"、リングイッサの"L"。
頭文字をつなげて”KAOL"(カオウ)といいます。

コウヴィ(ケール)、ライス、卵焼き、リングイッサ(牛タンや牛モツ煮込みに変更も可能)、豆のファロッファ、トヘーズモ(豚の皮をカリカリに揚げたもの)がワンプレートにドカーンと盛り付けられてます。これを混ぜて食べます。
上からかけてあるトマト・ソースが味の決め手。
まさにミナス飯!って感じです。
しみじみ旨いんだよなぁ。
めちゃくちゃ腹いっぱいになります。

でもそんなに量を食べられない人はつまみ・オンリーでもOK !

IMG_4004.jpg

リングイッサ。

IMG_4006.jpg

牛タン煮込み。

一人でフラッと飲み食いするにはサイコーの一軒です。

さて続いて移動したこちらはMocotó(”モコトー”、牛アキレス)スープが人気のバール、Nonô(ノノー)(Av. Amazonas n° 840, Centro Belo Horizonte, MG)

IMG_4016.jpg

IMG_4010.jpg

モコトーも美味しいのですが、自分的には自家製ベーコンが美味かったな、外はカリカリ中はジューシー。

IMG_4009.jpg

他にもセントロには大衆的な飲み屋が無数にあります。
BHはブラジルで最も人口に対してのバールの数が多い都市なんですって。

僕は1日の終わりに滞在していたホテルの近くにあるバールで酒を引っ掛けて帰るのが日課でした。

IMG_4028.jpg

特に旨いわけでもないんだけど、いい感じの酒場でついつい寄ってしまうんですよね。いいなあ。

皆さんもBHに行った際は是非いろんなバールに入ってみることをお勧めいたします。

さて、またある日の午後。

エドゥアルド(彼についてはこちら)が自身のスタジオ近くに出店したピザ屋を訪ねるため、BH屈指のおしゃれなエリア・Savassi ”サヴァッシ”にゆっくり歩いて向かいました。

リベルダージ広場。オスカーニーマイヤーの建築も楽しめます。
IMG_4184.jpg

IMG_4188.jpg

サヴァッシ中心部の日時計。

IMG_4190.jpg

アトレチコ・ミネイロのオフィシャル・ショップ"Loja do Galo"もこの近く。

IMG_3999.jpg

さて着きました。
ここです、エドゥアルドのピザ屋、その名も"Pitza(ピッツァ)1780"(Rua Antonio de Albuquerque 749, Belo Horizonte, Minas Gerais 30112-011, Brasil)


IMG_4194.jpg


IMG_4684.jpg

ブラジルで食べられている”ピザ”じゃなくて、本格的なナポリ風”ピッツア”を手軽な値段で食べてもらいたいというエドゥアルドの新プロジェクトです。

これがめちゃくちゃ美味い!

中に自動で回るターンテーブルを備えたピザ釜(イタリア人と共同開発したらしい)、こだわりの熟成生地、カルニセッカ(干し肉)やチーズなどの美味しいミナス具材のナポリピッツァが食べられるということで大人気です。
しかも注文からわずか5分以内で焼き上がりますよ。

IMG_4192.jpg

びっくりしたのは、焼きあがった後くるくるっとスティック状に提供するスティック・ピッツァ。

IMG_4207.jpg

これならテイクアウトして歩きながら食べるにも便利ですよね。

この後、エドゥアルドと共に向かったのは彼の最近のイチオシ店"Cervejaria Seu Romão(セルヴェジャリーア・セウ・ホマゥン)"(Rua São Romão, 192 - Santo Antônio)

IMG_4201.jpg

手書きのメッセージがいいですね、”Comer é uma necessidade, cozinhar é uma arte(食べることは必要な事です、料理は芸術です)”。

ここ数年ブラジルでも空前のクラフト・ビール・ブームが来ているんですが、ここでは店主が厳選したスタウト、ピルスナー、IPAなど様々な種類のクラフト・ビールを飲む事が出来ます。

IMG_4198.jpg

そしてここのフェイジョアーダがこれまためっちゃ美味い。

IMG_4199.jpg


IMG_4202.jpg

エドゥアルド、オーナー夫婦とパチリ。


大満足の午後でしたが、夜は夜でまた飲みに行きます。

Blenの常連であり、同じくセレッソ大阪のサポーター仲間の友人マルコがミナス出身なのですが、その弟たちと飲む約束をしていたのです。

というわけで、いつも色々な情報を教えてもらっているWillie Whopperさんお勧めの"Choperia Pinguim(ショッペリア・ピンギン)"(Rua Grão Mogol, 157 - Carmo Sion - Belo Horizonte/MG )で待ち合わせしました。ここもサヴァッシですね。

IMG_4140.jpg

生ビールを飲み干すや否やジャンジャン持ってきてくれる老舗のビアホール。
お洒落です。

彼らと無事乾杯を済ませ、話に花が咲き、ビールも進む、進む。

今度は彼らのお勧めのバールへ移動です。

"Fornada(フォルナーダ)"(Av. Álvares Cabral, 241)
IMG_4147.jpg

タワー型の生ビールがジャンジャン進みます。

IMG_4143.jpg

この時期(7月下旬)のBHの夜は結構冷えるのですが、ビール、ビール、ビールですよ。

そして3軒目。
人気店"Café Cultura Bar(カフェ・クルトゥーラ・バー) "(Rua da Bahia, 1416 - Lourdes)

IMG_4153.jpg

IMG_4155.jpg

寒くったって、やっぱりみんなオープンエアーが大好き。

IMG_4197.jpg

最後はこの後サリーナスへ行く僕のためにカシャーサ”サリーナス”で乾杯。
そして撃沈、ベロベロです、、、

サイコーの夜でした。

次回に続きます。

カシャーサの聖地・サリーナス探訪記 2017 (1) 

前回のミナス旅行記が途中で止まっているのですが、また行ってまいりました、ミナスジェライス!
と言っても昨年の7月なんですが、、、

今回の最終目的地はズバリ、カシャーサの名産地として誉れ高いミナスジェライス州北部の街・サリーナスです。

我が師匠・エドゥアルドから、年に一度のカシャーサ・フェスティバル「Festival de Mundial da Cachaca Salinas 2017」が行われるという便りをもらい、行ってまいりました!

おかげさまで短い期間ではありましたが、濃厚すぎる10日間を過ごすことができました。

という事で、サンパウロ到着の翌朝から脇目も振らずミナスジェライスへ出発。
まずは空路でミナスの州都・ベロオリゾンチへ。

IMG_3986.jpg

普段だったらバスで12時間の移動ですが、今回はSkyScannerで片道航空券(¥4.000)をゲットしておいたので、わずか1時間でタンクレド・ネヴェス国際空港に到着です。

IMG_3994.jpg

サンパウロは結構寒かったんですが、こちらは暖かいですね。日差しが気持ち良いです。
空港からはバスでBH(”ベー・アガー”、ベロオリゾンチの愛称です)中心地へ移動。

IMG_4674.jpg
IMG_4678.jpg

車窓からはUNESCOの世界遺産リストに登録されているオスカー・ニーマイヤーによるパンプーリャ近代建築群も楽しめますよ。
バスは右列の窓側がオススメです(笑)。

1時間ほどでBHの中心部に位置するホドビアーリア(長距離バスターミナル)に到着します。

愛すべき街、ベロオリゾンチ!
美味しい料理、穏やかな気候、温かい人々!

IMG_4180.jpg

まずはここMercado Central(メルカド・セントラウ)、BHの台所です。
前回のメルカド・セントラウの訪問記はこちら

IMG_4049.jpg

バタチンニャ(ちっちゃいジャガイモ)のマリネ、ジロー(ナス科の野菜)のひき肉詰め。

IMG_4050.jpg

名物、ジローと牛レバーの炒め物。レバニラならぬ”ジロレバ”ですな。

築地市場内外のような賑やかさ。
昼からみんな笑顔で美味いものをつまんで飲みまくってますよ。

IMG_4062.jpg

IMG_4066.jpg

IMG_4069.jpg

飲み仲間もすぐできちゃいますよ。

ということで、vol.2に続きますね。

2018 営業時間変更のお知らせ

  • 2018-01-05 (金)

昨年末に暫定的に18:00開店にしておりましたが、以下のように決定いたしました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

%E5%96%B6%E6%A5%AD%E6%99%82%E9%96%93%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B2018.png

2018 1月の営業スケジュール

  • 2018-01-05 (金)


新規スタッフ募集中!詳しくはコチラ

1/20(土) Blenのパゴーヂ 
12669456_10153369724822514_7441215607396384542_n.jpg
月に一度のサンバ・パーティー!
 19:30開店〜終電まで3回演奏がありますCharge:¥1.500(1ドリンクつき)
 ✳︎2杯目以降主要ドリンクは¥500均一!
 演奏:渡辺健悟、T-Sanada、Mestre Sue & Friends

1/27(土) 村上達郎&Jose Vicente デュオLIVE
詳細は後日発表いたします
1/31(水) ディスクユニオンpresentsブラジル新譜試聴会
毎月第4木曜開催!当日のBlenのBGMは、ディスクユニオンの江利川侑介さん&レナちゃんがプレイする入荷仕立てホヤホヤのブラジル音楽。グラス片手に最新ブラジル音楽に酔いしれましょう。気に入ったCDは勿論その場で買うことができますよ。
1395431_1386288938275262_2036257497_n.jpgCygZf_ZWQAAI27T.jpg-large.jpeg

blen%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9.png

More...

Home

Search
Feeds

Page Top